明治大学「三浦観光資源調査研究」

『明治大学商学部熊澤ゼミナール
「三浦観光資源調査研究」計画発表会』にオブザーバー参加しました。
三浦市東京支店「なごみま鮮果」を三浦市と協働運営する
明治大学商学部熊澤ゼミの学生が、
新たな試みとして今学期、三浦の観光資源の調査研究を行い、
「観光マップの作成」や「旅行ツアーの企画(神田地域をターゲットにバスツアー)」、
「物産新商品の開発(まぐろ商品とかき氷シロップ)」の三班に
分かれて企画立案をしていきます。
学生らしいさを発揮して、今までスポットを当てられることのなかった
新たな観光資源を見つけ出して頂きたいです。

 

【なごみま鮮果とは・・・?】
東京神田駅にある明治大学も三浦市が協働運営する
三浦市アンテナショップです。
明治大学と三浦市との官学連携も来年度で10年目を迎えます。
その存在意義は、三浦市の知名度を上げ、
将来三浦市に住まう人を増やすことです。
活動が認められて「千代田区商工観光功労賞」を受賞。

平成25年度実績は、営業日数261日・イベント出店52回。
来客者数10,0107人で売上は300万円を超えています。
明治大学熊沢ゼミの学生は3年生25人、2年生26人で、
営業運営を担当するのは2年生、
研究調査を3年生が務めることになっています。
http://www.kisc.meiji.ac.jp/~nagomima/index.html

写真 2014-08-04 11 04 17