小網代の森オープニングセレモニー

「小網代の森」は、森の水源から湿原、河口までが
自然状態のまま保全される関東•東海地方唯一の大変貴重な場所です。
ひとつの流域まるごとの全面保全は日本でも唯一といわれ、まさしく奇跡の自然なのです。
いよいよ「小網代の森」が、明日から一般開放されます。

一般開放前日の19日、「小網代の森オープニングセレモニー
トラスト緑地の音楽会」に参加をさせて頂きました。
森でのテープカットではじまり、
かもめ児童合唱団とオペラ歌手宮城摩理さんの
海と森に囲まれた解放感あふれる素晴らしい演奏!

写真 2014-07-20 0 10 01写真 2014-07-20 0 10 50写真 2014-07-19 11 05 21懸念されていたトイレも、
白髭神社から入口手前に4基設置されました。

写真 2014-07-19 11 33 16NPO法人小網代野外活動調整会議代表理事で、
保全活動に携わってきた慶応大学名誉教授の岸由二さんは19日の講演で
「小網代はダイヤの原石。どんどん磨けばエコツーリズムなどで首都圏、
世界に誇れる環境で、(経済効果など)新たな価値を生み出す」と話されていました。

利用時間は、4月から9月が8:30から19:00。
10月から3月 8:30から17:30になります。
詳細は、神奈川県のホームページをご覧ください。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f530740/