東京オリンピック合宿等のホスト自治体を募集

政府は、2020年東京オリンピック•パラリンピックの
合宿や交流行事を受け入れるホスト自治体を募集します。
事前合宿の受け入れは、地域にとって大きな利益となる可能性があります。
子どもたちにとっても大きな夢となるオリンピック。
ぜひ三浦市も積極的に誘致に取り組んで欲しいと思います。
9月から意向調査を開始し、2016年リオ五輪後に正式選定となりそうです。



「政府は2020年東京五輪・パラリンピックに向け、
参加国・地域のホスト役となる地方自治体を募集・支援する。
代表選手の合宿などの受け入れ先として登録し、
交流や応援をリードしてもらう。
競技会場が集中する東京だけでなく、
地方の国際親善や観光振興を促し、五輪効果を全国に広げる狙い。
9月に自治体の意向調査に着手し、
2016年のリオデジャネイロ五輪後に正式選定する」

「今回の取り組みは「ホストシティ・タウン構想」の名称で展開する。
調査は、自治体の姉妹都市提携の状況など把握し、
参加国とのマッチングの参考にするもので、年内に結果をまとめる。
19年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会との相乗効果も念頭に、
W杯出場国との関係なども調べる方針。
調査に合わせて構想への積極参加を呼びかける」

「自治体には相手先の文化や言語に配慮した環境づくりに加え、
大使館などと連携したイベントの開催、学校での教育活動を通じた相互理解の醸成、
ビジネス面を含めた大会後の交流継続などを期待している。
大使館など関係団体との調整や、内外への情報発信などで側面支援する」

「02年のサッカーW杯日韓大会ではカメルーン代表の合宿地、
大分県の旧中津江村が全国的に有名になった。
政府はこうした事例から国際スポーツ大会の地域活性化効果は大きいと判断。
五輪効果の東京一極集中を抑えることにもつながるとみている」
『日経新聞8.1夕刊』「五輪効果 全国へ~ホスト自治体を政府が募集」より写真 2014-08-01 21 43 04写真 2014-08-01 21 42 27